就労継続支援A型事業所インクルージョン

草引きや畝作りの農作業と「一般企業内での業務」

夏が過ぎ、9月に入り暑さも少し落ち着いてきましたね。
季節の変わり目は特に体調管理には気を付けていきましょう!
早速ですが、先月にお話しさせて頂いた「農業」の中で、新たな作業をさせていただきました。内容は草引きを完了させたところに「畝作り」を行う作業に携わらせて頂いています。
重労働の作業であったり、細かい作業では白線引きがありしっかりと寸法を測り行ったりと、役割分担を決め、時にはできるか不安なことでもチャレンジしていただきました。皆さん初めての経験ということもあり気合いを入れ直し作業に取り組まれていました。
また新たな作業を行った際は随時報告させて頂きます。
では今回の本題に入りたいと思います。今回は施設外での仕事である「一般企業内での業務」についてお伝えしたいと思います。
作業内容としては一般企業内で企業の職員様と同じ現場に作業スペースを作っていただき企業様の製品を検品・封入・ビニールの圧着・梱包がメインでした。
最近では少しづつ信用いただける様になり、職場の工具(電動ドリル等)を用いた作業にも携わらせていただける様になっています。(職員としてはケガが無い様見守りを行っています。)このことには利用者の皆様も大きな自信となっているようで、「いい環境で作業させていただいています!」や「自分でもここまで頑張れると思わなかったです。」等の声が出ていたり、「自分も行ってみたい!」と前向きな発言が出ています。作業の中で、ミスをしてしまった時には、メンバーでミーティングを行い意見を言い合える環境にもなってきて、支援する側としては提供いただいている企業様には本当に感謝してもしきれません。今後も継続して少しでも力になれるよう努めていきたいと思います。
企業様の都合もあり作業風景の写真をアップできなく非常に残念ですが、今後も作業の中身や利用者の声をあげていきたいと思います。
皆の頑張りが私たちに勇気を与えてくれているので、それに負けない様、支援・仕事の提供を行っていきたいと思います。今後のインクルージョン八尾事業所での活動に乞うご期待下さいませ!

yao_fb_1609-2 yao_fb_1609-3 yao_fb_1609-4