就労継続支援A型事業所インクルージョン

農業での施設外就労

8月を迎え猛暑の日が続きますね。
お盆休みも近づいてきています。皆さま体調管理には十分気を付けて、良い休日をお過ごしください。(お盆休みが無い方もいらっしゃるかもしれませんが...汗)

今回は施設外での仕事である「農業」についてお伝えさせて頂きます。作業としては始めた当初は、畑の草取りが主となっていましたが、最近は収穫や出荷補助(主に枝豆、小松菜)のお仕事もさせていただいています。草取りが主だったころに比べて、皆さん顔色を変えて作業に取り掛かっている姿を見ていると、もっと種植えや栽培にも携われる様支援する側として、もっと支援の体制作りを素早く行っていかなければと感じます。

 支援の体制作りの中で、農業に関して現状大きな課題として挙げられるのが「体調管理」です。猛暑が続く中、皆さん1日通して作業をしている(もちろん水分補給や休憩はこまめにとっていますが)と、疲労が蓄積し翌日にも体調が悪い状態を持ち越してしまう恐れがあった為、農家様とこまめにやり取りする中、午前の部と午後の部でメンバーを変更して対応し、水分補給や休憩の取り方にも細心の注意を払う様対応しました。このような対応することで利用者様の体調不良や、作業効率の低下を防ぐことに繋げることができ、多くの方に農業を経験して頂く事にもつながりました。ただ、暑さ対策や熱中症対策など多くの課題が残っているため1つ1つ対策を講じていき利用者様の負担を軽減していくことを心掛けていきます。

農業を通して、年齢・障害の有無にかかわらず少しでも色々な方達と関わりを持っていけるよう農家様と連携を取っていきますので、進展しましたらまた報告させて頂きます。その際は興味を持たれた方はどんどん参加して頂けたらと思いますので、宜しくお願い致します!

13879343_905435389584662_3691232370556540616_n 13939311_905435232918011_1047171940788482897_n

13903425_905435239584677_7372661446529850679_n13891799_905435392917995_2632783977158661988_n