就労継続支援A型事業所インクルージョン

今回の施設外での仕事は「家財整理」です。

11月を迎え一気に寒くなってきましたね。皆さま体調管理には十分気を付けて下さい。
今月は施設外での仕事である「家財整理」についてお伝えさせて頂きます。
今回の「家財整理」では高齢の方の家に伺い家の中の清掃・整理と物品破棄(寄付・廃棄)を行っています。

苦労した部分としては身内の方が遠方にお住まいで、身内の思いを踏まえながらの作業となっているため、

連携することに必要以上に時間を要していることです。
時間がかかることで、作業に行く間隔が空いてしまい、他の作業に集中するあまり、メンバーのモチベーションを

上げていくことが困難でした。ただ、このような作業が難しい環境の中でも作業に集中するべく、

メンバー同士声を掛け合いお互いに支えあっている姿が見え、徐々に成長している姿も見えました。
施設外での仕事のメリットとしては、いつもの環境外での作業の為、精神的なリフレッシュが期待でき、

メンバー間でのコミュニケーションが密となることです。但し、それには職員が計画をしっかりと練り、

スムーズな作業進行が行なえなくてはならないことが必須となります。
このように、メンバーだけでなく職員も一緒に成長していける事業所を作っていきたいですし、メンバーが作業しやすい環境を作り上げていくためにも改善できる部分は、可能な限り改善を行い、

より多くの方に参加してもらうことで社会参加を促していきたいと思います。

yao_fb_1611-1 yao_fb_1611-2 yao_fb_1611-3 yao_fb_1611-4 yao_fb_1611-5